冬の紫外線対策にも日焼け止めを

日焼け止め

紫外線は春や夏に強く降り注ぐイメージがあるかもしれませんが、冬には紫外線が無い、ということはありえません。

 

確かに、紫外線の量自体はかなり少ないのですが、それでも少ない紫外線が積み重なっていけばシミやソバカス、シワなどの原因に。せっかく紫外線が少ない冬ですので、日焼け止めを使ってきちんと紫外線をブロックし、1年のシミやソバカスをリセットしてあげるシーズンだということを覚えておきましょう。

 

紫外線というのは一度に浴びる量が少なくても積み重ねていくことによって確実に肌を老化させてしまいます。また、夏にたっぷりと日焼けをすると冬まで残ってしまうこともありますよね。実はこれ、冬の間にきちんとケアしてあげないと来年の夏まで持ち越してしまう可能性も。そこから本格的なシミに発展してなかなか改善出来なくなってしまうというケースも多いんです。

 

では、冬に利用したい日焼け止めの選び方についてですが、せっかく紫外線の量が減っていますので、必要以上にSPFの数値が高い日焼け止めを選ぶのではなく、肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。例えば夏はSPF50やSPF50+のものを選んでいる方もたくさんいるかと思いますが、冬は夏の紫外線の量と比べると1/5〜1/2程度にまで下がっています。そのため、一日中外に出続けるようなとき以外はSPF50も必要はありません。目安としてはSPF20〜30程度で十分です。

 

また、冬の日焼け止めと一緒に行いたい美白ケアですが、美白に効果のあるスキンケアグッズを選ぶのと一緒に、冬の乾燥に負けない潤いのある肌を作ってあげることが大切です。そうすることによって刺激に強い肌になりますし、肌のターンオーバーが正しいものになってメラニンの排出効果が高まります。