意外な落とし穴。春の紫外線にも要注意

日焼け止め

暖かくなるにつれて、紫外線が徐々に増えてきます。特に3月あたりから急激に紫外線の量が増加。しかし、日によってはまだ肌寒い日もあるため、あまり紫外線を意識していない方も多いでしょう。

 

これが大きな落とし穴。寒い季節は紫外線の量がとても少ないため簡単な日焼け止めで十分紫外線をブロックできますが、春になってくると紫外線がかなり強くなるだけでなく、紫外線の質も変わってきます。

 

そのため、春にきちんと日焼け止めを使っていないと一年中日焼けが残ってしまう可能性も。美白を目指している方からするとコワイ話です。

 

春に降り注ぐ紫外線というのは紫外線A波が最も多いと言われています。特に、梅雨に入るあたりの時期である5月あたりから急激に紫外線A波が多くなります。この紫外線A波は肌に降り注ぐことによってシミやソバカスなどの原因となるメラニンを増加させるだけでなく、肌の光老化を促進させてシワやたるみを作り出す原因にも。春は涼しく、過ごしやすい季節なのでついつい日焼け対策を忘れてしまいがちですが、適切な日焼け止めを選んできちんと紫外線対策を行っていきましょう。

 

春におすすめの日焼け止めの選び方ですが、PAに注目するようにしましょう。日焼け止めの数値のイメージはSPFかもしれませんが、こちらは紫外線B波をブロックする性能を数値化したものです。春に多い紫外線A波をブロックする能力を表しているのはPAになります。できればPA+以上の日焼け止めを選ぶようにしたいところ。

 

また、春の日焼け止めで覚えておいて欲しいのが、室内にいても日焼けをしてしまう可能性があるということ。A波はガラスを透過して入ってきますので、家の中にいっても油断をしないように!