太陽の出ていない時は日焼け止めは不要?

日焼け止め

紫外線といえば太陽。だからといって、太陽の出ていない日には紫外線対策もお休みでいいというわけにはいきません。

 

同じように、外出しないから紫外線は関係ないというのも間違いです。屋内にも日光が降りそそぐなら、もちろん紫外線の影響は出てしまいます。

 

紫外線は目に見えないけれど降り注いでいる

意外に見逃がされているのが、晴れの日以外の昼間の紫外線です。直接太陽が見えないので、きっと紫外線も弱まっているから大丈夫だろうなどと考えていると思わぬダメージにつながります。

 

紫外線は目に見えません。しかし、「紫の外」という名前からもわかるとおり、可視光線と波長はそんなに変わらないのです。つまり、太陽が見えていてもそうでなくても、空が明るければそこから紫外線は降ってきていると思っておかなければなりません。

 

雨雲などの雲には紫外線をピシャリとさえぎる性質はありません。曇りの日であれば晴天時の半分以上の紫外線は確実に地上に届いています。雨の日であっても、太陽の巨大なエネルギーから発する紫外線の2割や3割は、やはり地上に達して、私たちのお肌にまで届くのです。

 

「日焼け止め」という名前だから、晴れの日にだけ使えばいいものだと思っていた人はいませんか? 残念ながらそれは間違いです。紫外線対策をするためのものなのですから、紫外線が降りそそいでいるときには、常に使うことが大切なのです。

 

それぞれの日の天候や、自分がいる場所などによって、日焼け止めを使い分けることも大切です。毎日のきめ細やかな紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

紫外線対策を欠かさないことの意味

毎日紫外線を浴びているとはいっても、日によってはそんなに強い影響を受けているようにも思えない。だから、そんなにいつでも紫外線対策というのは神経質すぎなのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

しかし、紫外線が少量だからといって、そこにそのままお肌をさらしておくことはおすすめしません。目に見えて日焼けはしない日でも、紫外線を浴びることで、お肌のたるみや、しわを増やしてしまう原因になるので要注意です。

 

UVA」という言葉をどこかで見たことのある人は多いでしょう。3種類ある紫外線のうち、A波というのがありますが、これがUVAです。このUVAは晴れの日以外でも変わらず降り注いでいます。窓ガラスなども通過して、お肌の奥深いところにまで届いて細胞に悪影響を与えることもあります。

 

このような紫外線からお肌を守るためには、やはり自分のお肌に合った日焼け止めを常に使うようにするのがいいです。その日の状況に応じて、適した日焼け止めを持ち歩くことも必要になってくるでしょう。

 

他の紫外線対策製品とうまく併用することも効果的です。日傘や帽子などでさえぎることのできる紫外線をまずブロックして、その上で日焼け止めを正しく使うことで、お肌をガードしましょう。