2種類の紫外線防止成分とは?

日焼け止め

紫外線が肌へ及ぼす影響は、単純に「日焼けする」という以上に大きいということがわかっています。肌にあった日焼け止めを使って通年紫外線を防ぐことが理想的ですが、実は日焼け止めに含まれている紫外線防止成分は2種類あり、それによって特徴が変わってきます。

 

自分の目的や肌質で選ぶようにしましょう。

紫外線防止成分にはどんな違いや特徴があるの?

化学的な作用で肌を紫外線から守る「紫外線吸収剤」

紫外線吸収剤とは、肌の上で紫外線を1度吸収し、化学変化させて放出する作用をもつものです。紫外線吸収剤は紫外線を防止する効果が高く、紫外線吸収剤メインの日焼け止めは塗っても白くなりにくいというメリットがあります。

 

ただし化学合成物質であること、化学反応が起きることからから、肌が敏感な方ではかぶれや刺激などのトラブルを起こすこともあります。

 

高いSPF値も可能

アウトドアやリゾートの強い味方になるのが、この紫外線吸収剤配合の日焼け止めです。汗や水に強く、高いSPF値を実現することができるので、1日中外にいるような時でも安心です。ただ普段使いにはそこまで高いSPF値は必要ないので、肌への負担を優先して、次に紹介する紫外線散乱剤配合の日焼け止めを使うか、紫外線吸収剤配合のものでもSPF値は低めのものを選ぶのがおすすめです。

 

物理的に紫外線を反射する「紫外線散乱剤」

酸化チタンや酸化亜鉛などで、鏡で光を反射させるように、紫外線を反射させて肌を守るのが紫外線散乱剤配合の日焼け止めです。化学反応は起こらず物理的に防ぐので、肌のデリケートな方でも使いやすいというメリットがあります。

 

性質上白浮きしやすいのがデメリット。のびの悪さや金属のような独特の臭いが気になる方もいるかもしれません。SPF値は紫外線吸収剤使用の日焼け止めに比べて、概して低め。普段使いに向いています。

 

効果を継続するにはこまめな塗り直しがポイント

紫外線吸収剤配合の日焼け止めより持ちが悪いというデメリットもあるので、こまめな塗り直しで対応しましょう。白浮きは微粒子化することによって改善している日焼け止めもあります。