敏感肌の日焼け止め選びのポイント

日焼け止め

梅雨の季節にあたりから紫外線の量が極端に増えてきます。また暖かくなると薄着になる機会も多いですよね。

 

紫外線のことを考えて日焼け止めを利用している方も多いと思いますが、ついついSPFが高いものを選んでしまいがち。SPFの高い日焼け止めは効果が高い一方で肌への刺激が強いものがほとんどです。そのため、敏感肌の方は日焼け止めが使えないという方も中にはいます。それでは敏感肌の方が日焼け止めを選ぶときはどのような点に気をつければよいでしょうか。

 

成分に注目

まず最初に注意したいのが配合されている成分です。日焼け止めの裏に成分が表示されていますので必ずこちらを確認してから日焼け止めを選ぶこと。敏感肌の方はできれば「紫外線吸収剤」が含まれていないものを選ぶようにします。オキシベンゾン、トメキシケイヒ酸といったものがよく利用されている紫外線吸収剤です。また、香料やエタノールといった成分も意外と肌に刺激を与えてしまうので敏感肌の方は注意。

 

敏感肌の方は肌にやさしい日焼け止めを選ぶことも大切ですが、日焼け止めを利用した時のスキンケアについても覚えておいて欲しいことがあります。それは必ず保湿ケアをするということ。十分な保湿をしてあげることによって紫外線、日焼け止めによる肌への刺激を和らげ、さらに乾燥を防いでくれます

 

また、自宅に帰ったらできるだけ早く日焼け止めを落とすことも大切です。つけたままにしておくと肌が乾燥したり刺激を受けてしまいます。日焼け止めを落とすためのものもありますのでこちらを使うとより効果的。ただし日焼け止め落とし自体の刺激のことも考えて選んでいかなくてはなりません。ミルクタイプの日焼け止めは石鹸だけでも簡単に落とすことができるので敏感肌の方に特におすすめとなっています。