外に出るときの紫外線対策グッズを紹介

日焼け止め

年々、私たちが外で浴びる紫外線の量は増えてきています。紫外線対策をしていないときには、外に出ないようにすることが、肌を美しく保つ秘訣といっても過言ではないでしょう。夕方に出歩くならいいか・・・と思われるかもしれませんが、地面やビルからの照り返しなど、夏は紫外線に溢れます。

 

しかし、外に出ることなく生活ができるわけではありません。紫外線もきちんと防ぐことができれば、私たちの肌はより健康に保つことができるのですから。そのポイントを3つ上げてみたいと思います。

 

忘れがちな帽子

単なる帽子ではなく、最近では紫外線カット機能のついているものが多く市販されいます。つばが大きくついた、顔に影を作ることができるものがオススメです。

 

ピンポイントで防ぐサングラス

目には日焼け止めクリームを塗ることはできません。そのかわり、サングラスで、目の中に紫外線が入るのは防ぎたいですね。最近では様々な色のものがありますが、必ず紫外線カットの目的があるものを選びましょう。

 

紫外線を大きく防ぐ日傘

夏の外出時には、必ず持って歩きたいものです。行く場所に必ず影があるとは限りません。自分の身は自分で守るということを考えて、常に携帯しておきましょう。最近では折り畳みの可能なものもありますが、常に傘は紫外線を浴びることから、数年ごとに買い替えたほうが高い効果を得ることができるようです。