ノンケミカルの日焼け止めの特徴とは?

日焼け止め

日焼け止めを利用して肌がかぶれてしまったり、痒くなってしまったり、赤くなってしまったという方もたくさんいます。日焼け止めに使われている紫外線吸収剤という日焼けを予防してくれる成分は刺激が強いため、これによって肌トラブルが起こっている場合がほとんどです。

 

そこで今注目を集めているのがノンケミカルの日焼け止め。こちらは紫外線吸収剤フリーの日焼け止めのことを表していることが多いです。紫外線吸収剤は名前の通り紫外線を吸収する合成成分の化学物質になります。紫外線と化学合成して熱に変える働きがあります。一般的な日焼け止めにはほぼ紫外線吸収剤が使われていると考えて良いでしょう。

 

では、ノンケミカルの日焼け止めは紫外線吸収剤を使っていないのにどうやって日焼け止めをすることができるのか疑問に感じますよね。ノンケミカルの紫外線は「紫外線散乱剤」と呼ばれる成分が使用されています。こちらは紫外線を反射・散乱することによって紫外線が肌に浸透するのを予防することができます。成分として表記されているものは「酸化チタン」「酸化亜鉛」といったものが多いです。ノンケミカルの日焼け止めはファンデーションタイプのものや、クリームタイプのものが多い傾向にあります。

 

ノンケミカル日焼け止めのメリットデメリット

ノンケミカルの日焼け止めは肌の上で化学合成するわけではないため、肌への負担が小さく敏感肌や乾燥肌の方でも安心して利用することができるという特徴があります。しかし、メリットばかりではなく、いくつかのデメリットも存在しています。紫外線カット効果が短いため塗り直しをしなくてはならないこと、塗った部分が白っぽくなり、肌が重たく感じられることなどが挙げられます。

 

最近ではノンケミカルの日焼け止めの成分をナノ化させることによってより使い勝手の良いものに仕上がっている商品も登場しています。