日焼け止めの使用期限ってどういうこと?

日焼け止め

1年中紫外線は降り注いでいるとはいえ、SPF値が高いものや身体用の日焼け止めは、シーズン中に使い切れずに残ってしまう時もありますよね。

 

日焼け止めはどれくらいまでに使い切ればいいものなのでしょうか。

 

 

去年買った日焼け止めがまだ残っている……

 

無添加化粧品の日焼け止めなどは期限が書いてあることもありますが、通常日焼け止めは使用期限の表示がないことが多いです。使用期限が記載されていない化粧品は未開封で製造日から3年と決められていますので、買った日焼け止めを家で封をあけないまま保管していた、ということなら去年のものを使ってもokと考えていいでしょう。

 

開封してあるものは、ちょっともったいなく思うかもしれませんがやめておいたほうが無難です。未開封のものでも保管状態によっては1年の間に劣化していることも考えられるので、開けてみて異常を感じたら使用はやめておきましょう

 

防腐剤が入っているかいないかでも変わってくる

 

敏感肌の方が増えていることから、防腐剤を使っていない日焼け止めも最近は多くみられます。当然防腐剤を使っているものよりも劣化は早くなるので注意が必要です。

 

日焼け止め形状による違い

乳液やジェル状の日焼け止め 一般的なタイプです。未開封で直射日光等を避け、常温で保管されていたものなら3年以内、1度開封したものはワンシーズンで。
スプレーの日焼け止め スプレータイプの日焼け止めは手を使わずに塗ることができるので、中に雑菌が入りこみにくく、開封したものでも未開封のものと同じくらいもちます。3年を目安にしましょう。
防腐剤フリーの日焼け止め 防腐剤が入っていないものは、開封したらできるだけ早く使い切ることが大事です。長くても半年以内には使い切りたいもの。使用期限が明示されているものが多いので、それを守りましょう。開封日もシール等で記録しておくと安心です。