乾燥肌を悪化させない日焼け止めの選び方

日焼け止め

乾燥肌の方が紫外線対策を行う場合、多くの方は日焼け止めを利用するかと思います。とはいえ、普段から乾燥に悩まされている乾燥肌の持ち主は気軽にどれでも日焼け止めを選ぶことができるというわけではありませんよね。

 

日焼け止めを使うことによって肌にトラブルが起こってしまうということもあります。実は日焼け止めに使用されている成分が乾燥肌を引き起こすリスクを高めています。その成分というのは紫外線吸収剤です。

 

肌に負担の大きい紫外線吸着材

日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤は紫外線と化学合成して紫外線を熱に変換することができます。そのため肌を紫外線から守ることができるわけです。しかし、肌にかかる負担がとても大きく、肌荒れや乾燥肌を悪化させる原因になるとも言われています。

 

そのため、乾燥肌の方が紫外線対策を行うときは紫外線吸収剤が使用されていない日焼け止めを選ぶようにしましょう。商品のパッケージなどに「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」「紫外線散乱剤使用」といったものが書かれているものを選ぶようにします。

 

もしもこれらの日焼け止めを使用しても肌の乾燥が気になるという場合は紫外線をブロックしながら保湿ケアも行うことができる日焼け止めを選ぶのもおすすめ。最近では肌にやさしい日焼け止めや、保湿や美白などスキンケアを行いながら紫外線をブロックする日焼け止めなど様々な商品が登場しています。乾燥肌の方は一般の肌質の方よりも特に注意して日焼け止めを選ぶようにしましょう。

 

また乾燥肌の方が日焼け止めを利用する時には使い方にも注意が必要です。肌に直接日焼け止めを使用するのではなく、基礎化粧品を使ってから日焼け止めを利用する、化粧下地を使ってから日焼け止めを利用するようにしてみましょう。これだけでも随分と違うものです。