アトピー肌のひとの日焼け止め選びのポイント

日焼け止め

アトピーの方は基本的に肌がとてもデリケートで、ちょっとしたことで肌荒れを起こしてしまったり、真っ赤に腫れてしまったりといったことが良くあります。また場合によってはヒリヒリと痛みが生じることも。

 

特に夏場に近づくにつれてアトピーの症状が悪化することが多いです。その理由は紫外線によって肌がダメージを受けてしまうから。そのためアトピーの方は外出するときは日焼け止めを使って紫外線から肌を守ってあげなくてはなりません。

 

しかし肝心の日焼け止めに含まれている成分が強いためにアトピーの症状がひどくなることもあります。病院などで日焼け止めを処方してくれれば誰もが安心して利用することができるかと思いますが、実際はドラッグストアや通販などで購入しなくてはなりません。

 

もしもアトピーの方が日焼け止めを選ぶときにはノンケミカルの日焼け止めを選ぶようにしましょう。商品によっては紫外線散乱剤と表記されているものもあります。要は、紫外線吸収剤が使われていない日焼け止めを選んだほうが良いということです。また、もう一点覚えておいて欲しいのが、SPFが高すぎないものを選ぶということ。SPFの高い日焼け止めは確かに紫外線をブロックする力が高く、効果が高いのですが、紫外線吸収剤がたっぷりと使われているものばかりですのでアトピーの方には適していません。

 

日焼け止めの使い方ですが、日焼け止めを肌に塗る前に、化粧下地や保湿剤を塗ってから日焼け止めを利用するようにしましょう。そうすることによって直接肌に乗せるよりも刺激をぐっと減らすことができます。アトピーの方がメイクをするときには、化粧水、乳液、化粧下地、日焼け止め、ファンデーションという流れでメイクをしていくのがおすすめ。ある程度日焼け止めを利用してから時間がたったらメイクの上からで良いので塗り直してあげるようにしましょう。