日焼け止めの基礎知識/おすすめ日焼け止めランキング2014記事一覧

使い方を誤ると肌トラブルの原因に…初めて使う時にはパッチテストを行う皮膚に疾患があるときは医師に相談するまずはパッチテストを!日焼け止めの正しい使い方はきちんと理解していますか?敏感肌の方などは、特に使い方に気をつけないと、思わぬ肌トラブルの原因となってしまいます。紫外線の悪影響を避けるために日焼け止めを使ったのに、そのせいでお肌を荒らし...
詳細を見る
紫外線といえば太陽。だからといって、太陽の出ていない日には紫外線対策もお休みでいいというわけにはいきません。同じように、外出しないから紫外線は関係ないというのも間違いです。屋内にも日光が降りそそぐなら、もちろん紫外線の影響は出てしまいます。紫外線は目に見えないけれど降り注いでいる意外に見逃がされているのが、晴れの日以外の昼間の紫外線です。...
詳細を見る
日焼け止めには、紫外線を防止する作用もあるのがもちろんですが、最近では化粧下地の役割をこなすものも多く出てきており、肌を美しく見せるためには欠かせないものとなってきました。こんな便利な日焼け止めですが、塗ったことを忘れて、そのまま放置しっぱなし・・・なんてことはありませんか?落とし忘れは肌荒れの原因になる肌はきれいに見えるために、そのまま...
詳細を見る
年々、私たちが外で浴びる紫外線の量は増えてきています。紫外線対策をしていないときには、外に出ないようにすることが、肌を美しく保つ秘訣といっても過言ではないでしょう。夕方に出歩くならいいか・・・と思われるかもしれませんが、地面やビルからの照り返しなど、夏は紫外線に溢れます。しかし、外に出ることなく生活ができるわけではありません。紫外線もきち...
詳細を見る
1年中紫外線は降り注いでいるとはいえ、SPF値が高いものや身体用の日焼け止めは、シーズン中に使い切れずに残ってしまう時もありますよね。日焼け止めはどれくらいまでに使い切ればいいものなのでしょうか。去年買った日焼け止めがまだ残っている……無添加化粧品の日焼け止めなどは期限が書いてあることもありますが、通常日焼け止めは使用期限の表示がないこと...
詳細を見る
2種類の紫外線防止成分とは?紫外線が肌へ及ぼす影響は、単純に「日焼けする」という以上に大きいということがわかっています。肌にあった日焼け止めを使って通年紫外線を防ぐことが理想的ですが、実は日焼け止めに含まれている紫外線防止成分は2種類あり、それによって特徴が変わってきます。自分の目的や肌質で選ぶようにしましょう。
詳細を見る
梅雨の季節にあたりから紫外線の量が極端に増えてきます。また暖かくなると薄着になる機会も多いですよね。紫外線のことを考えて日焼け止めを利用している方も多いと思いますが、ついついSPFが高いものを選んでしまいがち。SPFの高い日焼け止めは効果が高い一方で肌への刺激が強いものがほとんどです。そのため、敏感肌の方は日焼け止めが使えないという方も中...
詳細を見る
乾燥肌の方が紫外線対策を行う場合、多くの方は日焼け止めを利用するかと思います。とはいえ、普段から乾燥に悩まされている乾燥肌の持ち主は気軽にどれでも日焼け止めを選ぶことができるというわけではありませんよね。日焼け止めを使うことによって肌にトラブルが起こってしまうということもあります。実は日焼け止めに使用されている成分が乾燥肌を引き起こすリス...
詳細を見る
ドラッグストアなどで日焼け止めコーナーを見てみると「SPF」という数値が大きく記載されています。ほとんどの方はSPFが高いものほど紫外線を防ぎ、日焼けを予防してくれるのだと思っているかと思います。もちろん、間違いではないのですが、正しい理解とは異なる場合もあるのでSPFについて少し勉強してみましょう。SPFはどれくらいの時間紫外線をブロッ...
詳細を見る
日焼け止めを利用して肌がかぶれてしまったり、痒くなってしまったり、赤くなってしまったという方もたくさんいます。日焼け止めに使われている紫外線吸収剤という日焼けを予防してくれる成分は刺激が強いため、これによって肌トラブルが起こっている場合がほとんどです。そこで今注目を集めているのがノンケミカルの日焼け止め。こちらは紫外線吸収剤フリーの日焼け...
詳細を見る
アトピーの方は基本的に肌がとてもデリケートで、ちょっとしたことで肌荒れを起こしてしまったり、真っ赤に腫れてしまったりといったことが良くあります。また場合によってはヒリヒリと痛みが生じることも。特に夏場に近づくにつれてアトピーの症状が悪化することが多いです。その理由は紫外線によって肌がダメージを受けてしまうから。そのためアトピーの方は外出す...
詳細を見る
赤ちゃんは肌が薄く、大人からすると「たったこれだけで?」と思うようなことですぐに肌トラブルが起こってしまいます。バリア機能がまだ不十分であるため、紫外線から守ってあげなくてはなりません。赤ちゃんは紫外線から受けるダメージがとても大きく、赤ちゃんのうちは特に影響が無かったとしても、10年後に何らかの悪影響が起こってしまうケースも珍しくありま...
詳細を見る