効果的な紫外線対策は日焼け止め選びから

おすすめ日焼け止めランキング

夏になると気になる日焼け。太陽の強い日差しを浴びながら肌がちりちりするのを感じると、「日焼け止めを塗らなきゃ!」と焦ってしまいますよね。けれど、日焼け止めを塗ると肌が重たくなる感じがするし、そのあと落とすのが面倒だし…。しかも市場にはたくさんの商品が出回っているので、いったいどれを選べばいいのか、自分にあった日焼け止めを探すのに苦労している人も多いのではないでしょうか。当サイトでは、「こんな日焼け止めはない?」という女性の疑問に答えたおススメの日焼け止めをランキング形式でご紹介します。

 

おススメの日焼け止めランキング!

 

 

 

美容成分80%以上の美肌効果

くずれ、くすみにつよい!

塗った瞬間から顔色が明るい

選べる2種類のテクスチャー

公式サイトへ

 

 

 

 

敏感肌、弱肌でお悩みの人にぴったり!

専用クレンジング不要!

植物エキスでしっとり保湿

天然ミネラルで紫外線をブロック

公式サイトへ

 

 

 

UV対策しながら毛穴ケア!

オールシーズンこの1本でOK!

ウォータープルーフ処方で汗、水に強い

化粧下地としても優秀!

公式サイトへ

 

 

日焼け止め

日焼け止め

日焼け止め

 

日焼け止め

日焼け止め

おすすめ日焼け止めランキング

 

塗るタイプ

スプレータイプ

シートタイプ

特徴

もっともよく見るタイプです。チューブや瓶に入っていて、形状は乳液やクリーム、ジェルタイプが有ります。化粧品の下地として使えるものも多く、顔に塗ればそのままファンデーションとして利用することもできます。 スプレータイプは手が汚れずに出来るところが手軽ですが、量の調整が難しく付けムラが起こり易いのが難点です。スプレーの後に少し伸ばしてやるとまんべんなく広がります。 お肌に触るとひんやり感が有り夏等は清涼剤にもなります、日焼け止め溶液をしみ込ませた使い捨てのものが多く他のタイプでは処理が難しい首の後ろなどにも使いやすいので、持ち歩くのもお勧めです。

 

日焼け止め選びのポイント

シーンに合わせて選ぶ

日常の日焼け対策には

日焼け止めには必ず「SPF」「PA」の表示がされています。SPFには10や20等の数字が記載されていますがこれは紫外線のうちのB波からお肌を守る目安の数値で数字が大きくなるほど効き目が長くなります。PAには+のマークが表示されていますがこれは紫外線A波からどれだけお肌を守れるかの目安で+やや効果が有る++効果が有る+++非常に効果が有るの三段階表示です。室内で過ごす時間が多く外出は買い物程度の日常を過ごされる方はSPFは20程度、PAはやや効果が有るのPA+で十分だと思われます。

お出かけの場合

紫外線は季節によっても違いますが、雲が多くてお日様が隠れていても日中はしっかりと降り注ぎます。軽い散歩などで外に出る時もしっかり日焼け対策は必要です。家にいる時より少し強めの日焼け止めを使用します。SPFは20〜30・PAは効果が有るPA++程度が良いでしょう。ただ日焼け止めは汗などで流れてしまうと効果が薄れます。2時間おき程度で塗り直すように心がけましょう。

紫外線が厳しい海や山では

紫外線が厳しい場所で長時間お肌をさらす場合は、しっかりとした対策が必要です。又汗もかきやすい為こま目に塗りかえることをお勧めします。日焼け止めのSPFは50程度、PAは+++が必要でしょう。
紫外線はお肌だけでなく髪の毛や瞳等にもダメージを与えます、髪の毛は帽子をかぶるかスプレータイプの日焼け止めをかけておきます。瞳を守る為にはUVカットレンズ使用のサングラスが効果的です。

 

お肌の性質で選ぶ

乾燥肌の場合

脂性肌の場合

敏感肌の場合

日焼け止めには保湿成分等の美容成分が入っているものも少なくありません。

 

乾燥しがちなお肌の方は保湿成分の入った乳液やクリームタイプの日焼け止めがお勧めです。

 

顔に使う場合は化粧水などで保湿対策を十分にした後で日よけ止めを塗ればより効果的でしょう。

油っぽいお肌の方やニキビの気になる方の為にはパウダーが入ったタイプのものやニキビ肌の人向けの日焼け止めが作られています。

 

余りねっとり感のあるクリームやジェルタイプのものはニキビ肌には良くありません。

 

さらっとした感覚で肌の負担にならないものがお勧めです。

敏感肌の人向けには天然素材の日焼け止めがお勧めです。

 

一般的な日焼け止めは鉱物や化学物質を使ったものが多くお肌の弱い人には負担かもしれません。

 

天然素材を使ったものはSPF等の数値は低いものが一般的ですが、低刺激の為赤ちゃんや子供にも使うことが出来ます。

 

 

必要に合わせた日焼け止めを選ぶ

おすすめ日焼け止めランキング

一般的な日焼け止めは紫外線をカットする成分として鉱物や化学物質を使っているものが多く、肌のトラブルの原因になることもあります。SPF値やPAのレベルにしても高ければ高いほどお肌への負担も大きくなります。お肌を紫外線から守っても日焼け止め自体がお肌にダメージを与えることもあります。日焼け止めでトラブルを起こさないためには、シーンに合わせて使い分けることが大切です。